お問い合わせ

03-5280-9122

03-5280-9122
受付時間 9:00~17:00
当院は精密検査・診断専門のクリニックです。

「おしりから出血」といっても出血した部位により症状が異なります。

「おしりから出血」したら、食事の通り道である消化管 つまり食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門までのどこからか出血し、おしりから血液が排泄される状態になります。

「おしりから出血」と一言でいっても、その状況は様々ですのでまず出血した色や量、頻度を確認しましょう。排泄した血液の色をよく見ることで出血した部位が推定できます。例えば真っ赤な鮮血(鮮血便)であればおしりから近い大腸や肛門からの出血を疑います。一方、真っ黒い血液(下血、黒色便)であればおしりから遠い胃や十二指腸からの出血を疑います。

また、量や頻度はいかがでしょうか?おしりを拭いた際にティッシュに着く程度、排便をした際に1回だけ血液が排泄された、おしりから血液しかでてこない状態が続いているなど様々です。ほかにも、出血する前にお腹を壊して下痢が続いていた、出血する前に肛門が痛かったなど、付随する症状も出血した原因を特定するうえで重要です。

「おしりから出血」した場合、どんな病気が見つかりますか?

「おしりから出血」した場合に頻度が多いものとして痔出血、大腸癌からの出血、大腸炎に伴う出血などがあります。大腸憩室からの出血することもありその場合は多量に出血します。これら大腸から出血した場合には真っ赤な鮮血が見られ、大腸内視鏡検査を行い診断することで次の治療に結び付きます。一方、大腸以外にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍の出血でもおしりから出血する場合があります。この場合には真っ黒い血液が排泄されますので、胃カメラ(上部内視鏡検査)を行い診断することで次の治療に結び付きます。

すぐに病院にかかった方がよいですか?

おしりから出血し今までに診察を受けたことがなく原因がわからない場合には、いずれにしても早めに医師の診察を受けた方がよいです。早めといっても出血した量や頻度でその緊急性は異なります。例えばおしりを拭いた際にティッシュに着く程度の出血や排便をした際に1回だけ血液が排泄した場合であれば1~2週間以内に受診すればよいですが、繰り返しおしりから血液だけ出てしまう状態であれば、緊急を要する異常事態ですからすぐに救急の対応ができる大きな病院を受診する必要があります。

「出血がすぐに落ち着いたから」、「もともと痔があるから出血した」と自己診断し病院に行かなくてもよいと放置することは危険です。大腸癌などの重大な病気の徴候かもしれませんので、1度でもおしりから出血して診察を受けたことがない方はなるべく早めに医師の診察を受けましょう。

 「おしりから出血」し当院で診察を希望される方は、外来の予約をお取りください。当院では大腸内視鏡検査や胃カメラ(上部内視鏡検査)を速やかに行うことで、出血源の診断を行い治療に結び付けることが可能です。
外来担当表はこちら

新着コラム

気になる疑問にお答えします

お茶の水駿河台クリニック

ご予約・お問い合わせ

03-5280-9122
受付時間 9:00~17:00
MRI検査(予約制)

■月~金 8:30~18:30
■土・日 9:00~17:30

CT検査(予約制)

■月~土 9:00~17:00

内視鏡検査(予約制)

■月~土曜日 8:30~(大腸)/9:00~(胃)

アクセス

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2丁目1−47 廣瀬お茶の水ビル2階