お問い合わせ

03-5280-9122

03-5280-9122
受付時間 9:00~17:00
当院は精密検査・診断専門のクリニックです。

大腸内視鏡は大腸ポリープを見つけてその場で切除することができる検査です。患者さんが内服している薬やポリープの大きさにもよりますが、当院では可能であれば切除が必要な大腸ポリープが見つかった場合にはその場で治療を行います。しかし、大腸ポリープを切除すると必ず切除した腸粘膜に傷ができます。検査中は出血をさせないように様々な工夫を行い出血が止まることを確認して検査を終了しますが、帰宅後に再出血することがあります。ポリープ切除後の再出血の頻度は100人中1人(1%)で、10日間以内に再出血が起こると言われています。再出血を起こさないために検査中の処置に加え、検査後の生活について患者さんの協力が必要です。

《食事、アルコール》
大腸ポリープ切除後はなるべく腸に負担をかけるものは避け、消化の良い食事をお勧めしています。 繊維質が多い野菜や果物などから生じた便は切除した創部をこすってしまい出血を助長させてしまうため控えていただいております。脂っこいものや刺激なるような香辛料の入ったものも避けた方が良いでしょう。
アルコールも出血を助長するので控えていただいております。

《運動》
運動をすることで血圧があがったり腹圧がかかるためポリープ切除後の創部から出血を助長させる可能性があります。ポリープの大きさや切除方法によって異なりますが、当院ではポリープ切除後1~10日間は ゴルフ、テニス、ジョギングなどの汗が出るような運動は控えていただいております。

《出張、旅行》
ポリープを切除した後に出張や旅行などで遠方に行ってしまうと、旅行先で万が一再出血した場合に速やかに適切な処置を行うことが難しくなります。ポリープの大きさや切除方法によって異なりますが、当院ではポリープ切除後1~10日間は遠方への移動を制限させていただいております。

《入浴》
サウナや長湯は血圧が上がったり血行がよくなるためポリープ切除後の出血を助長する可能性があります。シャワーを浴びる程度をお勧めしています。

《薬》
血液を固まりにくくする薬(抗血栓薬)を内服している方で、検査のために中止した場合の内服再開の時期については、 治療をしてもらった医師の指示に従ってください。

《出血》
大腸ポリープを切除後10日間は排便時に便器を確認するようにしましょう。便に付着する程度の少量の血液は問題ありませんが、便器が真っ赤になるような大量の出血がみられた場合は、速やかに治療をしてもらった医師に連絡しましょう。出血量が多い場合には再度大腸内視鏡検査を行い出血部位をみつけて止血治療を行う必要があります。
当院ではポリープ切除後に万が一再出血が起こった場合でも、すぐに医師と相談できるような体制を整えています。


新着コラム

気になる疑問にお答えします

お茶の水駿河台クリニック

ご予約・お問い合わせ

03-5280-9122
受付時間 9:00~17:00
MRI検査(予約制)

■月~金 8:30~18:30
■土・日 9:00~17:30

CT検査(予約制)

■月~土 9:00~17:00

内視鏡検査(予約制)

■月~土曜日 8:30~(大腸)/9:00~(胃)

アクセス

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2丁目1−47 廣瀬お茶の水ビル2階