上部消化管内視鏡検査

口、または鼻から、スコープ(電子カメラ)を挿入し、食道・胃・十二指腸の粘膜を観察する検査です。カメラで直接粘膜を観察できることから、病気をいち早く発見することが出来ます。
また、細胞検査を加えることにより、胃の中のピロリ菌検査を行うことも可能です。細い内視鏡を使い、熟練した内視鏡専門医が行いますので、苦痛が少なく検査が受けられるようになっています。
ご希望があれば鼻からの内視鏡にも対応しております。
当院では、意識がなくなるような麻酔は行いませんが、感覚を鈍らせる薬を使用することもあります。

検査前後の流れや 検査に当たっての注意点を下の項目でご紹介しています。
ぜひ参考になさって下さい。

検査前日( お食事、お薬について)

・夕食は午後9時までに召し上がって頂き、その後は固形物は召し上がらないで下さい。飲水はして頂いて結構ですが、アルコールは控えてください。
・常用薬は通常通りお飲み下さい。

 

ページの先頭に戻る

検査当日の朝( お食事、お薬、ご来院について)

・水分以外はお召し上がりにならないで下さい。(果実入りジュースや乳飲料、コーヒーなど濁りのあるものはおやめ下さい)
・常用薬は起床時にお飲み下さい。但し、糖尿病の薬や胃薬は飲まないで下さい。ワーファリンを飲んでいる方は来院時にお伝え下さい。
・検査には楽な服装でお越し下さい。
・検査予約時間の10分前には受付をお済ませ下さい。

 

ページの先頭に戻る

検査を行う前の準備(検査前処置について)

・検査に当たっての問診を行います。
・検査に必要な処置をいくつか行います。
・胃のガスを抜くための飲み薬を飲んで頂きます。
・スプレー式の喉の麻酔をします。
・おなかの動きと体の感覚を鈍くする注射をします。
・妊娠中、授乳中の方は薬剤等考慮いたしますので、必ずお申し出下さい。

 

ページの先頭に戻る

検査後の注意点

・検査時に使用した注射のため、目の焦点が合いにくくなっています。体の感覚を鈍くする薬の効果が残ることがありますので、検査当日は、車の運転は避けて下さい。
・のどの麻酔の影響があるので、お食事は検査後1 時間以上経ってからお召し上がり下さい。
・組織検査を行った方は、当日のみ、刺激物やアルコールの摂取は控えて下さい。

 

ページの先頭に戻る

検査費用(概算)

(例) 保険適用の3割負担の方
・病理(生検) なし。検査のみの場合 →6,000 〜 7,000 円くらいです。
・病理(生検) あり。1〜2臓器の場合 →10,000 〜 13,000 円くらいです。
※上記金額は概算です。検査内容によって多少前後があります。

申し訳ございませんが当院では、クレジットカードは取り扱っておりません。
現金のみのお支払となりますので、宜しくお願い致します。

検査についてご不明な点は・・・

ご相談は電話にて承っております。

TEL03-5280-9122 受付時間 9:00〜17:00 

間違いを防ぐためはじめに以下の項目をお知らせ下さい。

・お名前(フルネームでお願いします)
・御紹介医療機関
・検査予約日時
・上部消化管内視鏡予定であること
お気軽にご相談下さい。

 

ページの先頭に戻る