内視鏡センター

内視鏡検査では、見逃し無く正確な診断を行うことはもちろん重要ですが、受検者が苦痛なく受けられることも同様に大変重要な要素です。

当クリニックでは、検査中意識がないような前投薬は用いませんが、意識下でも苦痛を感じないよう、細心の注意とテクニックで検査を行い、好評を得ております。
当クリニックは内視鏡センターとして、年間症例数は上部、下部内視鏡検査ともに2500件以上、合計5000件以上の検査を行っております。

お茶の水駿河台クリニック内視鏡センターの特徴

こんなことでお困りではありませんか?

予約に1日、検査に1日、結果を聞くのに1日、検査のために3日も行ってもらうのは大変。

患者様は検査当日のみの来院で検査可能です。

当クリニックでは、患者様に御来院頂くのは検査日のみ。予約は電話でお受けします。結果は生検を行わなければ、報告書を当日に貴院に発送するか、患者様にお渡しします。生検を施行した場合には、2週間以内に、報告書と病理結果を発送いたします。お急ぎの場合は当日に内視鏡の報告書だけをお渡しし、病理結果は後日ご報告いたします。

 

検査でポリープが見つかっても、再度、治療のために予約が必要だと、患者様の負担が大きい。

日帰りの内視鏡治療も行っております。

検査後の注意事項をご説明し、ご本人の同意があれば可能な限り、当日、内視鏡治療(ポリペクトミー、EMR)を行います。

日帰りの内視鏡治療

 

検査のため他院に紹介した患者様が、その後外来に来ない。

検査結果の詳細なご説明は、原則、ご依頼先医療機関にお願いしております。

当クリニックでは、検査後に簡単に結果はご説明しますが、貴院よりご要望がない限り、貴院で詳しい結果を聞かれるようにとご説明し、ご依頼いただいた先生へご報告書をお届けします。(患者様持参またはご郵送)
生検組織診断が行われた場合には2週間以内に結果をご郵送しますので、貴院にてご本人にご説明ください。(ご希望があれば当院にてご説明の後、ご報告することも可能です)
大腸のポリペクトミーを行った場合には、検査ではなく手術となりますので、原則として、病理結果がでて、患者様に結果をご説明するまでは、当クリニックにて経過を診させていただき、病理結果は貴院にも郵送させていただきます。
(ご要望があれば、当院ですべて結果をご説明した上で、ご報告書のみを郵送することも可能です。)

 

以前に内視鏡検査を受けて、患者様が大変つらい思いをした。

経験豊富な専門医

経験豊富な専門医が検査を行います。

当クリニックでは、熟練した内視鏡専門医が苦痛のない検査を心がけ、最新機器による精度の高い診断を施行し、高い評価を得ております。

上部内視鏡検査では、細径内視鏡使用し、また、ご希望によって、経鼻内視鏡検査にも対応しております。大腸内視鏡検査では、検査中、検査後の患者様の訴えで多い、腹部膨満や、それに伴う腹痛の軽減のために、当クリニックではCO2を使った送気による検査を行い、好評を得ております。鎮静剤麻酔の使用等についてもご相談に応じております。

 

ページの先頭に戻る

お茶の水駿河台クリニック内視鏡センターの特徴
ハイビジョン内視鏡システム
高解像度CCD搭載の内視鏡を使い、より鮮明な画像で診断を行います。
http://www.onaka-kenko.com/endoscope-closeup/endoscope-technology/et_02.html
(おなかの健康ドットコムへ)
NBI観察
特殊な光をかけて、病変を強調させ、より精度の高い観察を行います。
http://www.onaka-kenko.com/endoscope-closeup/endoscope-technology/et_07.html
(おなかの健康ドットコムへ)
細い内視鏡
口からは外径7.9mmの細い内視鏡を使い、苦痛の少ない検査を行います。
経鼻(鼻からの)内視鏡
鼻からカメラを挿入する経鼻内視鏡検査も行っております。
http://www.onaka-kenko.com/column/col_07.html
(おなかの健康ドットコムへ)
二酸化炭素
通常、内視鏡検査では空気で消化管をふくらませて観察しております。当院では、下部内視鏡検査時に、空気の代わりに二酸化炭素を使用しております。二酸化炭素は、空気に比べ体内への吸収は200倍以上もあり、検査後に残ったガスは体内に速やかに吸収され、呼気時に肺から排出されます。メリットとしては、吸収・排泄が早いため、検査中の大腸の過度の拡張時間が短縮され、腹部膨満感は検査後に速やかに消失し、検査後に腹部膨満で痛みや苦しむことがすくない点です。この方法は、当院院長のグループが1995年に日本消化器内視鏡学会にて発表し、学会賞を受賞しました。

ページの先頭に戻る